【英語で名セリフ】俺は俺の責務を全うする!ここにいる者は誰も死なせない!【鬼滅の刃】

※ この記事には広告・PRが含まれています

created by Rinker
¥1,331 (2024/05/22 23:52:50時点 楽天市場調べ-詳細)

“I will fulfill my duty! I won’t let anyone here die!”

俺は俺の責務を全うする!ここにいる者は誰も死なせない!

【文法解説】

fulfill one’s duty: 責務を果たす

dutyresponsibility は両方とも「責任」を意味しますが、responsibiliy は契約や社会通念上の責任というニュアンスで使われることが多く、「人として当然の事」を表現する場合はdutyの方がしっくりきます。

let: ~させる、~の状態にする

後輩の隊員である炭治郎や列車の乗客達の命を背負い、上弦の鬼の猗窩座と戦う煉獄杏寿郎。拳と刃を交えながらも猗窩座は杏寿郎の強さを認め、「お前も鬼にならないか?」と誘います。当然そんな誘いには乗らず、杏寿郎は己の覚悟を見せつけるかのように叫びます。

俺は俺の責務を全うする!ここにいる者は誰も死なせない!

煉獄杏寿郎にとっての責務とは、ただ鬼殺隊の柱としての責務だけではありません。それは病に倒れた母の教えでした。杏寿郎の母・瑠火は「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です」と幼い息子に言い聞かせ、杏寿郎もまたその言葉を決して忘れることなく成人し、炎柱となるのでした。煉獄杏寿郎の責務とは、母との約束でもあり己の信念でもあったのです。

ちなみにこのセリフは、コミックでは第8巻に登場します。原作も良いですが、劇場版でのシーンも胸熱でした。リアルな臨場感のある戦闘シーンの最中で聞くこのセリフはグッときました。主題歌の『炎(ほむら)』もまた、歌詞もメロディも作品に見事にマッチしており、世界観に奥行きをもたせてくれました。

タイトルとURLをコピーしました