「子ども」を意味するkidとchildの違い。使い分けは必要?

kidchildは、英語学習の初期で覚える超基本単語です。「子ども」の意味で暗記するだけですが、あまり両者の違いを意識することはないと思います。 

ざっくり言えば、kidはカジュアル、childはフォーマルな響きです。それだけでなく、一方しか使えない場合もあります。 

ここでは、そんなkidとchildの違いと使い分けについて解説していきます。 

kidの使用例

kidは自分や知人の子どもなど、主に話し手と聞き手の両者が認識している場合に使います。もちろん不特定多数の子どもを指す時でも使われますが、カジュアルな響きになるのは語源からきています。

もともとkidは「子ヤギ」を意味する言葉でした。現在でも「子ヤギの皮・肉」の意味で使用されています。この「子ヤギ」から派生して、俗語として「人間の子ども」の意味をもつようになりました。スラングとまでは言いませんが、正式な場では行儀のよい言葉ではないので、その時はchildを使いましょう。 

カジュアルな会話では以下のように使っても全く問題ありません。 

My kid will be a junior high shcool student next year. 
うちの子は来年は中学生だよ。 

Some kids are hanging around in front of the building.
子ども達が建物の前でたむろしている。

childの使用例

childはkidよりもフォーマルな場で使います。また、単に大人(親)に対する子どもを表す時にも使用します。さらに、大人でも子どもっぽい人を指す時にも使う場合があります。以下はその例文です。 

I’ve never met Jon’s child. 
わたしはジョンの子どもに会ったことがない。 

She is an only child. 
彼女は一人っ子だ。 

You’re childish as always. 
あなたは相変わらず子どもっぽいですね。 



迷ったらchild

kidはカジュアル、childはフォーマルな響きです。両者とも「子ども」を意味する簡単な単語ですが、意外とこのようなニュアンスの違いがあります。そこまで使い分けに神経質になる必要はありませんが、 迷った時はchildを使う方が無難でしょう。

タイトルとURLをコピーしました