【中学生】成績UPも期待できる、おすすめのオンライン英会話と選び方 

※ この記事には広告・PRが含まれています

【画像】黒板に書く生徒

中学校では2021年4月から文部科学省による新たな学習指導要領が施行され、学校の英語教育が大きく変わりました。「聞く」「読む」「話す(やり取り)」「話す(発表)」「書く」の5つの領域に設定し、総合的な英語力を身につけることを目標としています。また、初期からbe動詞と一般動詞の使い分けや助動詞が出てきたりと理解度にもスピードが求められるようになりました。

ざっくり言えば、学習内容が昔よりもいろいろ前倒しになって生徒の負担が増えた、ということです。

しかし現実問題として生徒の皆がそんな早いペースについていけるわけではありません。むしろ以前よりも早い段階で英語嫌いになる子供が増え、できる子とできない子の二極化が進むと予想されます。

そんな中で、英語教育界ではオンライン英会話が注目を集めています。学校現場で民間のオンライン英会話を導入する学校も増えており、より自然な形で英語が身につく取り組みが盛んになっています。

オンライン英会話のメリットは、「自分の英語が通じた!」という実感が得られることです。そんな達成感を味わうともっと話せるようになりたいと思うようになり、英語が楽しく感じられます。英語学習で最も大切なことはこの「楽しむ」ことです。イヤイヤ勉強してもほとんど伸びないでしょう。

ここでは、数あるオンライン英会話の中でも学校の成績にも直結させるため、特に中学生へおすすめのオンライン英会話を紹介します。

中学生におすすめのオンライン英会話

【 kimini英会話】信頼の学研ブランド

【画像】Kimini公式サイト
kimini英会話公式サイトより

kimini英会話は、学研グループによるオンライン英会話です。対象は幼児から大人までと幅が広いですが、中学生コースでは学校教育にも関わってきた学研の強みが存分に発揮されます。使用教材は学習指導要領に基づいており、会話で学ぶ内容は学校の成績にも直結します。また、kimini英会話は全国の学校を対象としたカリキュラムを提供しており、200校以上の導入実績があります。

【ワールドトーク】日本人講師で安心

【画像】ワールドトーク公式サイト
ワールドトーク公式サイトより

日本人講師にこだわったオンライン英会話です。外国人講師だと気後れしてしまう子供でも安心、わからないことは気軽に日本語で質問できます。また、文法レッスンや英検・TOEIC対策にも対応しているので英語総合力を伸ばしながらも英会話が学べます。

【hanasokids】外国人と楽しく英会話

【画像】hanasokids公式サイト
hansokids公式サイトより

講師は全員フィリピン人ですが初心者慣れした人が多く、安心して楽しくレッスンを受講できます。カリキュラムはスタディサプリなどで有名な関正生先生による監修で、復習を重視した独自メソッドで学んだことが確実に身につくよう設計されています。

【クラウティ】家族で分け合える

【画像】クラウティ公式サイト
クラウティ公式サイトより

1つのアカウントで家族6人まで共有できるオンライン英会話です。家族であれば同居してなくてもOK。未就学児からお父さんお母さんまで一緒に英会話が学べるので、家族で英語の話題で盛り上がりながら楽しく学習できます。コースのひとつとして家族コースではなく、開発段階から家族で共有する前提で作られています。レッスンでは学研監修の教材を使用。

【KIRIHARA Online Academy】英検・TOEICに特化

【画像】Kirihara Online Academy公式サイト
KIRIHARA Online Academy公式サイトより

オンライン英会話というより、英検とTOEICに特化したオンライン塾です。カリキュラムは2か月間の短期集中コースなので、ダラダラ会員になる心配はありません。まさに英検・TOEICのためだけのプログラムなので、目標がハッキリしている人におススメです。

無料体験は必ず受けましょう

以上、中学生におすすめのオンライン英会話を紹介しました。オンライン英会話はそれぞれ特徴が違うため、受講者のレベルや求めるものによってどこが良いかを決める必要があります。下調べも大切ですが、単純に相性にも左右されます。評判の良いところが我が子にも良いところとは限りませんし、逆に評判がパッとしないところが我が子にピッタリ、なんてこともあり得ます。必ず無料体験で特徴を肌で実感しましょう。

タイトルとURLをコピーしました