大人が英検は恥ずかしい?No⇒英検はやり直し英語としても優秀な教材です 

【画像】文法学習

大人が英検は恥ずかしい?

社会人だけど英検を受験したい。理由は人それぞれですが、大人が英検を受けるのは恥ずかしいと感じている人も少なからずいるようです。

もちろん、いい年した社会人が「オレ、英検3級受かったぞ、すごいだろ」などと自慢していたらかなり恥ずかしいです。しかし3級でも受験すること自体は恥ずかしくありません。学生時代に英語が苦手で、今でも中学レベルの英語があやしい。だからできない事に挑戦する、むしろそれは誇るべき事です。

繰り返しますが、恥ずかしいなんて事は全くありません。それに、英検は大人のやり直し英語学習としてもTOEICよりも優秀な教材です。

英検は中学生・高校生、TOEICは大人、そんなイメージがあります。しかしこれは本当にただのイメージです。根拠のある棲み分けではありません。もともと英検はその名のとおり英語力を検定する試験であり、大人を含む全ての英語学習者が対象の試験です。

そんな英検がなぜ中学生・高校生のイメージが強いのかというと、学校が生徒に受験を強く推奨しているからです。学校にもよりますが、入試の前に英検を取得していると有利になる制度があるため、高校/大学入試前に英検を受験することが一般的になりました。

そんな流れから現役中高生の英検受験者が激増したため、相対的に大人の受験者が目立たなくなりました。

その結果、英検は中高生が受けるもの、というイメージがつきましたが、結果論であって、英検協会が望んだイメージではありません。実際、英検協会も「学生に限らず社会人の方もぜひ受験してほしい」という姿勢です。

TOEICより英検をすすめる理由

学校英語と親和性の高い英検と比べると、TOEICは全く別物のテストです。英検と違い等級別に分かれおらず、出題される問題のレベルが高いです。英検で言えば準1級レベルの問題が200問。それを限られた時間内に解いていきます。

問題の特徴も英検とは違います。英検は「きちんと英語を理解しているか」をじっくり確認するような問題に対し、TOEICは英語基礎力は当然あるものと前提のような問題で、英語を理解しているかというより「英語に素早く反応できるか」というような英語の反射神経スピードを問うような問題が中心です。

実際の業務では、英語力はあって当然、その英語を使いこなせるかが重要です。そんな英語の反射神経を測る目安となるのは英検よりもTOEICです。企業が英検よりもTOEICを重要視するのはそんな理由からです。

英語基礎力があるという前提のTOEICは、「基本から英語を学び直したい」という社会人には向いていません。学生時代の英語をやり直しながらステップアップするには、TOEICよりも英検の方が教材として優れています。

【画像】階段を上る

まずは現在の実力確認

英検に挑戦するにあたり、まずは目標とする級を決定しましょう。英検協会のウェブサイトから直近の過去問題を無料でダウンロードできるので、現在の実力に近い等級を確認してみましょう。各級のレベルの目安は以下を参考にしてください。

英検各級の目安

5級:中学初級程度
4級:中学中級程度
3級:中学卒業程度
準2級:高校中級程度
2級:高校卒業程度
準1級:大学中級程度
1級:大学上級程度

出典元:英検協会公式ウェブサイト

胸を張れるのは2級から

英検の合否判定は7割以上の正解率で合格ですが、英検取得のその先を見据えての英語学習なら、3級レベルの問題は8割以上取れて当たり前と考えましょう。中学英語レベルの3級は、これから使える英語を身につけるにあたり、最低限絶対に必要な英語基礎力だからです。

3級の問題が苦にならないなら、同じように準2級、2級の過去問題に挑戦してみて、自分が挑戦するべき級を決めましょう。

英語レベルは人それぞれ。もし3級で難しく感じるようだとしても恥ずかしく思う必要はありません。それが今の実力ならば、まずは3級合格を目指しましょう。

実際に社会人が「へえ、この人は英語ができるんだ」と評価されるためには、最低でも2級からです。英検公式サイトでは英検2級の目安は高校卒業程度とされていますが、実際は高校・大学といってもピンキリで2級レベルの英語力に達していない大学生も多く、なかなかレベルが高いです。また、2級の次である準1級に合格できるレベルになるとTOEICでも高得点が狙える水準です。英検だけでなくTOEICにも挑戦してみるのもよいでしょう。

大人の英検対策

社会人の英検勉強法は2つの方法があります。

独学で英検学習

ひとつは教材を使って独学。過去問題集や英検対策テキストなどを使って日々勉強していきます。英検は歴史があるため対策教材も良質なものが多く、うまく教材を使って勉強を続けていけば必ず結果を出せるでしょう。従来の紙媒体の教材のほか、英検対策のデジタル教材も選択肢のひとつです。

■これ1つで全て完結!英検ネットドリル

英検ネットドリルはパソコンとタブレットに対応しており、英検受験対策の最高峰である旺文社の教材、「英検でる順パス単」「英検予想問題ドリル」「英検全問題集及びCD」がまるごと収録、5級~準1級まで対応しています。これだけで英検対策としては十分な内容となっています。興味がある方はチェックしてみてください。

大人のオンライン英語塾

もうひとつの方法は、プロ講師に教えてもらうことです。しかし学生のための塾や英語教室は多くあっても、大人のための英語塾なんてなかなかありません。そんななかでおススメなのが、大人のためのオンライン英語塾ezo(イーゾ)です。インプット学習とアウトプット学習のバランスを重視するオンライン英会話スクールで、日本人講師による文法講義と外国人講師による英会話レッスンの両面から英語を学べます。英検対策にも対応しており、まさに大人のための英語塾です。

無料体験できるので、まずは試してみましょう。

英検・TOEICに特化したKIRIHARA Online Academy

もうひとつ大人におすすめの英語塾を紹介します。学校教科書や受験参考書の出版で知られている桐原書店と、 オンライン英会話「ワールドトーク」を運営する株式会社ライトアップが、 共同で開発したTOEIC・英検に特化したオンラインスクールです。

2ヵ月という短期集中でTOEIC・英検のスコアアップ・合格を目指します。教材は別途費用がかかりますが、桐原書店出版の教材は無償提供されるのが嬉しいです。独学では何から勉強すればよいかわからない、という社会人の方にはピッタリのカリキュラムです。

最後に

繰り返しますが、英検は大人のやり直し英語学習として優秀なツールです。過去問題に挑戦して、もし思った以上に成績が悪くても恥ずかしがる必要はありません。そこから勉強していけばいいだけの話です。

人間誰しも得手不得手があります。例え英語が超苦手だったとしても、その得手不得手がたまたま英語だっただけの話です。余談ですが、筆者は学生時代、数学が死ぬほど苦手でした。英語だけは昔から超得意でテストも常に学年トップレベル。しかし数学は常に平均点以下。赤点取ってヤンキー達と一緒に補習を受けたこともあります。いざ社会に出てみると、数学って意外と使います。そろそろ筆者も数学と向き合う必要が…。

話がそれましたが、要は挑戦することが大切。自分よりできる人と比べてへこむのではなく、昨日の自分と比べてレベルアップしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました