【1分講座】意外と知らない? study と learn の違い

【画像】学習

何かを「学ぶ」と表現する時、studyもしくはlearnのどちらかを思い浮かべるでしょう。どちらも同じような意味に感じますが、じつは大きな違いがあり、使い方を間違えると意味がわからなくなることも有り得ます。とはいうものの、それほど難しい話ではないのでこの機会に2つの違いと使い分けを学びましょう。

■studyは「勉強する」
勉強する行為を表すのがstudyです。行為そのものを指す動詞であり、勉強した結果、知識や技能が身についたかどうかは関係ありません。

■learnは「身につける」
studyと違い、知識や技能をマスターすることlearnといいます。

この2つの違いを頭に入れて以下の例文を見てみましょう。

I studied English last night.

I learned English last night.

最初の文は「昨夜、英語を勉強した」という意味です。勉強した結果、どの程度スキルアップしたかはわかりません。2つ目の文は「昨夜、英語を身につけた」という意味となり、まるで本当に一夜にして英語を完全にマスターしたかのように聞こえます。

learnをただ単に「学習する」という意味で覚えてしまったらstudyとの違いが見えにくくなります。しかし知ってしまえば、次回から会話や文章の中でstudylearnと遭遇した時は、しっかりと文脈を理解できるでしょう。

大人のやり直し英語
初心者へおすすめオンライン学習3選

月額4,000円台から始める英会話
オンライン英会話hanaso
オンライン英会話が初めての方におすすめ。お手頃な料金でマンツーマンでレッスンができる、初心者には嬉しいスクールです。教材は関正生先生による監修、また初心者慣れした講師が多いので安心して受講できます。

文法と英会話の両方を学べる
大人の英語塾ezo
日本人講師による英文法講義と、外国人講師による英会話レッスンの両方が学べる、大人のためのオンライン英語塾。インプットとアウトプットをバランス良く学習できます。

英検・TOEICに特化
KIRIHARA Online Academy
学校教科書や受験参考書の出版で知られている桐原書店と、 オンライン英会話「ワールドトーク」を運営する株式会社ライトアップが、 共同で開発したTOEIC・英検に特化したオンラインスクールです。2ヵ月という短期集中でTOEIC・英検のスコアアップ・合格を目指します。

タイトルとURLをコピーしました