【英語で名言】夢を見ることができるなら、それは実現できる

【画像】ディズニー

”If you can dream it, you can do it.”
Walt Disney

「夢を見ることができるなら、それは実現できる」
ウォルト・ディズニー

【文法解説】
誤解されがちですが、if を使っているから仮定法、ではありません。英文法でいう「仮定」とは、想像や事実では起こり得ないこと、実現不可能なことを指します。そして実現不可能なことを、できた場合と仮定する時は過去形を使います。例えば以下のような文です。

If I could be a king, I would build a big castle.
もし王様になれたら、わたしは大きな城を建てる。

現実に王様になることはあり得ません。だから王様になったらと「仮定」しての話です。ウォルト・ディズニーの言葉に戻ってみましょう。

If you can dream it, you can do it.

過去形のcouldではなく、canを使っています。これは仮定法ではなく、直説法といいます。

ウォルト・ディズニー(1901 – 1966)
ミッキーマウスを生み出したアニメ作家、ディズニーランドの創立者。

ウォルト・ディズニーが漫画家になる決心をしたのは少年時代。その後、広告会社へ就職してアニメーション技術を学び、独立して会社を興します。しかしそれからの道のりは決して順調ではありませんでした。慢性的な資金難や取引先である配給会社の裏切りなど、幾多の苦難にぶつかります。いまや世界的キャラクターとなったミッキーマウスは、そんな失意のなかにいた頃に生まれたキャラクターでした。

ウォルト・ディズニーの原動力となったのは成功への野心などではなく、子ども時代からの「人を楽しませたい」という素朴な想いでした。社会的な成功はあくまで結果論であり、彼にとってはただただ自分の夢を追い続けただけなのでしょう。

女性限定の英会話スクール
「bわたしの英会話」

英会話を始めてみたいけど知らない男性と会話をするのは抵抗がある、そんな方におすすめの英会話スクールです。

教室の内装は女性目線でおしゃれな空間にデザインされており、落ち着いた雰囲気でレッスン受講できます。レッスン内容もファッションや恋愛、趣味など生徒の希望に合わせてカスタマイズ可能。また、急な体調変化などにも柔軟に対応してもらえる、全てにおいて女性に合わせたスクールです。

【スクールエリア】銀座・新宿・渋谷・横浜・自由が丘・二子玉川・吉祥寺・東京日本橋・池袋・オンライン

タイトルとURLをコピーしました