【英語で名言】人生は公平ではない。それに慣れるのだ。

【画像】マイクロソフト

Life is not fair. Get used to it.
Bill Gates

人生は公平ではない。それに慣れるのだ。
ビル・ゲイツ

【文法解説】
get used to: ~に慣れる
動詞の原型から始まる命令文です。

ビル・ゲイツ(1955 – )
マイクロソフト創業者であり元会長。第一線を退いてからは、慈善活動に取り組んでいる。

人はみな平等であるべきで、差別はよくない。現代においては半ば常識のような思想です。アメリカ独立宣言書の起草者トマス・ジェファーソンは「全ての人は平等である」と明言しており、また福沢諭吉は「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」と学問ノススメの冒頭で書いています。

しかし残念ながら、現実の人間社会は平等でも公平でもありません。

「建国の父」のひとりと呼ばれるトマス・ジェファーソンですが、独立宣言時には「全ての人は平等である」と言いながらも自身は黒人奴隷の所有主でもありました。さらにいえば、この言葉の原文は“All men are created equal.”となっており、ジェンダーに関する現代の価値観でいえばmenではなくpeopleであるべきでしょう。この時点で男女は平等ではありません。

福沢諭吉も「人は皆平等ですよ」と言っているわけではありません。学問ノススメでは「天は人の上に~」の後には「されども、今廣く此人間世界を見渡すに、かしこき人ありおろかなる人あり貧しきもあり冨めるもあり貴人もあり下人もありて、其有様雲と坭との相違あるに似たるは何ぞや」と続きます。これは意訳すると「でも世の中を見ると、頭のいい人と悪い人、貧乏な人と金持ちの人、偉い人や偉くない人とか雲泥の差があるのはなんで?」ということです。そしてその後の論理展開は「学問が大事なのでは?」→学問ノススメ、という流れです。

つまり、いくら嘆いたところで人間社会の不平等は解消されません。気に入らなければ、自ら社会を変革させるのか、あるいは今の環境で自分がどう生きていくのかを考えるしかありません。人として正しいのか間違っているかなどの善悪の話ではなく、ビル・ゲイツはただ厳然たる事実を語っているのです。

学問のすすめ:オンライン英会話を始めてみよう

CMでもお馴染みのキャンブリー英会話。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど10,000人以上のネイティブ講師が登録しており、24時間いつでもどこでも受講可能です。また、事前予約でお気に入りの講師を選ぶことができます。PC、スマホ、タブレット全てのデバイスに対応、登録・ログインすると今すぐレッスンを受講できます。まずはお気軽に無料体験を受けてみましょう。

サブスクリプション購入ページにて以下のプロモコードを入力すると割引価格でご利用できます。
プロモコード:newstart10

タイトルとURLをコピーしました