How are you? は会話の入り口。ビジネス英語では特に重要【社会人のやり直し英語】 

【画像】あいさつ

How are you?「(調子は)どうですか。」は教科書で初期に習う挨拶の定番フレーズです。そして返答はI’m fine, thank you.So, so.などと続きます。しかし、実際の会話においては、これらの返事はおすすめしません。 

なぜか? 

それは、会話が弾まないからです。 

そもそもHow are you?は、ただ単に体調を聞いているのではありません。少し極端な言い方をすれば「あなたと会話がしたいです。あなたのことを知りたいです」のサインでもあります。もちろん、ただの挨拶として“How are you?”, ” Good.”で終わらせてもよいのですが、その後に近況など一言つけると会話の幅が広がります。 

A: How are you? 
B: Good. I played tennis yesterday for the first time. It was fun! 

A: How are you? 
B: Good. I just came back from Hokkaido. It was beautiful place. 

どうですか?これだけで次の話題が広がります。相手もテニスが好きだったり、スポーツの話題になるかもしれません。もしかしたら相手も北海道に行ったことがあったり、土地の話題になるかもしれません。 

特に語るべき近況などが思いつかないなら、相手に質問してみましょう。 

A: How are you? 
B: I’m fine. How about you? Anything new? 

こう答えると、こちらからも「あなたと会話がしたいです」の意思表示にもなり好印象です。 

■まとめ 
How are you? をただの挨拶で終わらせるのではなく、これから始まる会話の入り口と考えましょう。特にビジネスの場だと、How are you?と聞かれてI’m fine.So, so.と不愛想に終わらせてしまうと、「あ、コイツつまんねーやつだ」と思われてビジネスチャンスを失うかもしれません。会話もチャンスも途切れさせないためにも、How are you?からのバリエーションを意識して雑談の引き出しを増やしましょう。 

How are you?を実践で試してみよう

CMでもお馴染みのキャンブリー英会話。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど10,000人以上のネイティブ講師が登録しており、24時間いつでもどこでも受講可能です。また、事前予約でお気に入りの講師を選ぶことができます。PC、スマホ、タブレット全てのデバイスに対応、登録・ログインすると今すぐレッスンを受講できます。まずはお気軽に無料体験を受けてみましょう。

サブスクリプション購入ページにて以下のプロモコードを入力すると割引価格でご利用できます。
プロモコード:newstart10

タイトルとURLをコピーしました