「~ほうがよい」のhad betterは上から目線?取扱注意です【社会人のやり直し英語】

【画像】学習

「ラストサムライ」はすごい面白かった!
観た方がいいよ。

これを英語でいうと以下のようになります。

“Last Samurai” was awesome!
You should watch it.

中学でshouldは「~するべき」と習いました。そしてhad betterは「~したほうがよい」。日本語訳から考えるとshouldを使うのは少々きつく聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。映画や音楽など友達に何かを勧める時は気軽にshouldが使われます。むしろhad betterは威圧的なニュアンスがあります。

■「~したほうがよい。さもないと…」
昔はhad betterは日本語訳どおり助言を意味していましたが、今では「~しないとまずいことになる」「~しなさいよ」と圧力を伴った警告・命令のニュアンスがあります。例えば、体調が悪そうな人に対して「家に帰った方がいい」と伝える時は使い分けが必要です。

  1. You’d better go home.
  2. You should go home.

同僚や部下に対しては1.でもかまいませんが、上司など目上の人に対してはふさわしくありません。2.の方が気軽に使える表現ですが、上司に対しては直球ではなく頭に I think をつけて

I think you should go home.

とすると柔らかく聞こえます。

以前は強い圧力を感じなかったhad better ですが、言葉は時代とともに変わるもの。英語も例外ではありません。学生時代に英語が得意だった人ほど知識のアップデートが必要になってきます。

覚えた言葉をオンライン英会話で試してみよう!

CMでもお馴染みのキャンブリー英会話。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど10,000人以上のネイティブ講師が登録しており、24時間いつでもどこでも受講可能です。また、事前予約でお気に入りの講師を選ぶことができます。PC、スマホ、タブレット全てのデバイスに対応、登録・ログインすると今すぐレッスンを受講できます。まずはお気軽に無料体験を受けてみましょう。

サブスクリプション購入ページにて以下のプロモコードを入力すると割引価格でご利用できます。
プロモコード:newstart10

タイトルとURLをコピーしました