【何から勉強すればよい?大人の英語】現在の実力チェック⇒アウトプット学習を中心に

【画像】学習教材

大人になってから英語を学び直したい。そうは思っても、何から始めてよいかわからないものです。学生時代だと、何をすればよいのか学校が教えてくれましたが、社会人はそこから自分で考えなければいけません。本屋へ行って学習書を探してみると種類が多すぎて選べず、ネット検索してみると情報が多すぎてフリーズ…選択肢が多過ぎるのも良し悪しです。

英語を学び直したいと思った時、何から始めるか?まずは今現在の自分の英語力を確認、そのあとは英会話でアウトプット学習を軸に足りない知識をインプット。これの繰り返しです。それぞれのステップを解説していきます。

はじめの一歩:自分の英語力を確認

自分の英語レベルはどれくらいか。英語中級者以上にもなれば、ある程度は感覚でわかるものですが、初心者ましてやこれから始める学習者には全くわかりません。自分のレベルを確認するためのツールは英検が最適です。英検は受験英語と親和性が高く、等級によって自分のレベルが明確にわかるからです。英検協会の公式サイトへ行けば無料で直近の過去問題がダウンロードできるので、まずは過去問題にトライして自分の実力を確かめましょう。

英検各級の目安
5級:中学初級程度
4級:中学中級程度
3級:中学卒業程度
準2級:高校中級程度
2級:高校卒業程度
準1級:大学中級程度
1級:大学上級程度

日本英語検定協会公式サイト:各級の目安より引用

英検の過去問題にトライするのはあくまで実力確認が目的ですが、「意外と楽しいな」と感じたなら、英検の勉強から始めてみるのもアリです。 本格的に英検の勉強に取り組むなら、英検ネットドリルがおススメです。

  

中学英語は絶対にマスターしよう

中学英語は絶対に必須です。英語を使いこなすのに必要な基礎文法はほとんど中学英語に詰まっているからです。逆に言えば、中学英語さえしっかりマスターすれば日常英会話は支障なくできるようになるからです。高校英語は基本的には中学英語の深堀りで、新しい文法といっても過去完了形や倒置法など使用頻度が高いモノではなく、とりあえず後回しにしても大丈夫です。

英検でいえば3級が中学英語レベルです。もし3級の過去問題で8割とれなかったら、中学英語の文法からやり直した方がよいでしょう。とはいっても、机に向かってひたすら参考書で勉強というのも飽きるもの。社会人の英語学習はアウトプットありきです。英検3級~準2級の問題集などで基礎力を固めながらオンライン英会話、という学習法がよいでしょう。また、大人のためのオンライン英語塾ezoもおススメです。ezoでは、外国人講師による英会話レッスンと日本人講師による文法授業の両方が受講でkるため、インプット学習とアウトプット学習をバランスよく勉強できるため、これ一本でもかなり実力アップが期待できます。詳しくは以下の広告から公式サイトをチェックしてみてください。

アウトプット学習を中心に

学生時代と大人になった今とでは、当然ながら勉強方法は違ってきます。学生時代は受験英語、テストで良い点を取るための勉強です。ひたすらインプットしては定期テストの繰り返し。それが原因で英語に苦手意識を持ってしまった人も少なくありません。大人になった今、わざわざあの苦行を繰り返す必要はどこにもありません

社会人の英語勉強法は英会話を軸にしたアウトプット中心であるべきです。そもそも「英語を勉強しよう」と思ったきっかけは英語を実践で使う(アウトプットする)日がくると考えたからのはず。知識を詰め込む学生時代に対し、これからは会得した知識をどうアウトプットするかが課題です。

また、英会話レッスンのメリットとして、「自分の英語が通じた!」という成功体験が得られることです。通じたら単純に嬉しいし、もっと頑張ろうというモチベにつながります。この好循環を作り上げることが大切です。

もちろんインプット学習も大切です。レッスンのなかでわからなかったこと、上手く話せなかったことを後から確認して次に活かす。アウトプット⇒インプット⇒アウトプットが理想です。

初めての方へおススメのオンライン英会話

今やオンライン英会話の数は数えきれないほどあり、全てをチェックするのは現実的ではありません。個人的には、初心者の方へはhanasoかレアジョブ英会話の2つをおススメします。理由は、初心者慣れした講師が多くレッスン料金も始めやすい価格だからです。上記のオンライン英語塾ezoもおススメです。どれも無料体験があるのでまずは受けてみてください。

具体的な目標を立てる 

具体的な目標を立てる、というのは勉強で定番のセオリーです。ここでは、さらに大きな目標と小さな目標を考えてみましょう。例えば、大きな目標は「英検2級に合格する」「半年後にある程度までは自分の言いたい事を言えるようになる」のような長期的な目標。小さな目標は「今週までに現在完了形のページを終わらす」「今月中に自己紹介から天気の話題までをスムーズに話せるようになる」など短期的な目標です。小さな目標のアップデートを繰り返して、大きな目標を達成しましょう。 

何から始める大人の英語:まとめ 

社会人の英語学習は何から始めるか?まずは自分の英語力チェックです。そしてオンライン英会話を利用したアウトプット学習が中心。もちろんインプット学習も必要です。勉強をしているうちに自分に足りないものが見えてくるので、勉強を続けながら目標を立てていきましょう。 

タイトルとURLをコピーしました