ユーモアセンスもビジネススキル?ジョークで学ぶビジネス英語

【面白画像】ボクシング

欧米文化ではジョークは必須のコミュニケーションスキルです。プライベートだけでなく、ビジネスの場でもジョークはよく使われます。日本人の感覚では信じられませんが、葬儀の場でさえジョークが出ることもあります(もちろん不謹慎ではない範囲です)。

これは、日本人よりも欧米人の方が陽気でユーモアのある人種だから…というわけではありません。ユーモアセンスはスキルであり、優秀な人間ならジョークのひとつも言えて当然、という感覚です。無口であまり社交的ではないけど誠実で真面目に仕事をこなすタイプの人は、退屈でつまらない人間に見られてしまいます。

ユーモアセンスは努力で身につく

「ユーモアセンスは自信ないんだけど…」

という人でも大丈夫です。前述したように、ユーモアセンスはスキルです。スキルは勉強すれば身につけることができます。一流のお笑い芸人を目指すのでもない限り、天性の才能なんて必要ありません。実際、アメリカの書店にはビジネス書コーナーにジョーク集が置いていたりします。これは、アメリカ人もジョークを勉強している証です。

アメリカ人はみんな生まれつき陽気な性格なわけではありません。努力してユーモアを身につけている人も多いのです。アメリカ人も同じ人間、内向的でコミュニケーションが苦手な人もいます。

自虐ジョークはNG

日本人同士では自分の失敗談を笑いのネタにすることも珍しくありませんが、海外でのビジネスの場では止めておいた方がよいです。笑いが起きるよりも「あ、この人はこんな場面で失敗するような能力の持ち主なんだな」とシビアな目で見られるからです。例えば、乗る電車を間違えて見知らぬ土地に着いてしまった、という失敗談を面白おかしく話したとしても、たんに「乗る電車をきちんと確認しない人」と思われて終わりです。

他者の失敗により自分がひどい目にあった、という経験を笑い話にするのはOKですが、自分の失敗からくる話は控えたほうがよいでしょう。

【面白画像】サメ

定番ジョークを覚えよう

ユーモアセンスを身につけるといっても、落語やコメディショーを見て研究するような特別な勉強は必要ありません。ただジョークの引き出しを増やすだけでも充分です。また、文法レベルでいえば多くのジョークは中学英語レベルなので、実践での英語運用力の勉強にもなります。

鉄板ジョーク集

Patient: Oh doctor, I’m so nervous. This is my first operation.
Doctor: Don’t worry. Mine too.
患者:ああドクター、とても緊張します。手術は初めてなんです。
医者:心配いりませんよ、私も初めてです。

Customer: Hey! There is a fly in my soup!
Waiter: Don’t worry, fly can swim.
客:おい!ハエがスープに入っていたぞ!
ウェイター:大丈夫です。ハエは泳げますから。

Mother: Anton, do you think I’m a bad mother?
Son: My name is Paul.
母:アントン、わたしは悪い母親かしら?
息子:僕の名前はポールだよ。

Father :When Abraham Lincoln was your age, he was studying books by the light of the fireplace.
Son:When Lincoln was your age, he was President.
父親:アブラハム・リンカーンがお前くらいの時は、暖炉の明かりで勉強していたぞ。
息子:アブラハム・リンカーンがパパの年には、大統領だったよ。

ちょっと下ネタ

Two elephants meet a totally naked guy.
After a while one elephant says to the other:
“I really don’t get how he can feed himself with that thing!”
象2匹が全裸の男性に出会った。
すると1匹の象がもう1匹の象に言った。
「彼は一体どうやってあんな小さな鼻で食べ物を食べているのだろうか。」

Broccoli: Hey, I look like a tree.
Mushroom: Wow, I look just like an umbrella.
Walnut: I look exactly like a brain.
Banana: Man, can we change the topic please?
ブロッコリー「ねえ、僕って木みたいに見えるよね。」
マッシュルーム「おう、僕なんてまるで傘みたいだよ。」
くるみ「僕はまさに脳みそに見られるよ。」
バナナ「なあ、話題を変えてくれないかな?」

Little Johnny wrote to Santa Claus, “Please send me a sister.”
Santa Claus wrote him back, “Ok, send me your mother.”
幼いジョニーがサンタクロースに手紙を書いた。
「僕に妹をください。」
サンタクロースは返事を書いた。
「わかった、じゃあ君のお母さんをこっちに寄越しておくれ。」

英語ジョークの書籍教材

英語ジョークの書籍も多数出版されています。書籍だと日本語の解説もあり、英語学習書としても良い教材です。

オンライン英会話でジョークを教えてもらう

オンライン英会話でレッスンのなかでジョークを教えてもらうのもよいでしょう。ネイティブであれば当然ながら多くの古典ジョークを知っています。また古典ジョークだけでなく、最新のジョークや通なジョークも教えてもらえるかもしれません。

↓ネイティブ講師のおすすめオンライン英会話↓

CMでもお馴染みのキャンブリー英会話。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど10,000人以上のネイティブ講師が登録しており、24時間いつでもどこでも受講可能です。また、事前予約でお気に入りの講師を選ぶことができます。PC、スマホ、タブレット全てのデバイスに対応、登録・ログインすると今すぐレッスンを受講できます。まずはお気軽に無料体験を受けてみましょう。

サブスクリプション購入ページにて以下のプロモコードを入力すると割引価格でご利用できます。
プロモコード:newstart10

タイトルとURLをコピーしました