現在完了形は過去形と比べると理解できる【大人のやり直し英語学習】

【画像】英文法の勉強

現在完了形の作り方は< have+過去分詞 >で経験や継続、結果を表す。学校ではそう習ったけどイマイチわからない。そんな声をよく聞きます。しかし、イメージさえつかめば簡単に理解できます。

■過去形と比べるとわかりやすい
現在完了形を理解するには、過去形と比較してみるとイメージがわきやすいです。以下の2つの文を見てみましょう。

(1) I lost my wallet.
(2) I have lost my wallet.

現在完了形の定番のような例文です。どちらも和訳すると「わたしは財布をなくした。」となります。

(1)は単純な過去形の文です。過去に財布を無くした事実を述べています。過去形の文はあくまで過去の事実のみで現在には触れていません。今も失くしたままなのか、それとも見つかったのかはわかりません。

(2)は現在完了形の文です。過去に財布を無くした事実は過去形の文と同じです。過去形との違いは、過去の出来事が現在も継続している事です。過去に財布を無くした経験が今も継続しているのです。

■なぜ< have+過去分詞 >になる?
現在完了形がなぜ< have+過去分詞 >という形なのかを考えてみましょう。そもそもhaveという動詞の意味は「もっている」であることを踏まえたうえで、現在完了形の文を読んでみましょう。

I have lost my wallet.
わたしは財布をなくした。

<have+過去分詞>ではなく、主語*動詞の I have の後に目的語が続くと考えてみてください。lost my wallet(財布を無くした)という事実をhave(持っている)、というイメージです。

もうひとつ例文を見てみましょう。

I have met the famous singer before.
わたしは以前、その有名な歌手に会ったことがある。

met the famous singer(その有名な歌手に会った)が目的語、をhave(持っている)が動詞、と考えます。

■have been?それとも have gone?

I have been to France.
わたしはフランスに行ったことがる。

この文はフランスに行ったことがある経験を表します。「I have gone to France.じゃだめなの?」と思ってしまいますが、継続を意味する現在完了形の特性を考えるとやはりhave been toです。

I have been to France. →今はここにいる
I have gone to France. →今もフランスにいる

have以下のことが現在も継続しているということは、gone to だとフランスへ行ったきりになります。教科書の和訳でhave goneを「行ってしまった」と表現することが多いのはこのためです。「~に行った事がある」という経験を表す時、have been to ~となります。

メンタリストDaiGoさんも受講しているオンラインレッスン

メンタリストDaigoさんも実際に受講しているオンライン英会話、アクエス。日本人講師と外国人講師によるレッスンで知識・実践力の両面から学習していく、英語初心者、中級者におすすめのレッスンです。また、始めたからには確実に実力をつけてほしいという本部の強い想いから、さぼっていると本部から予約督促の連絡がきます。幽霊会員を許さないアクエス、特に3日坊主になりがちな人におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました