【3分でわかる英文法】進行形は意外と汎用性が高い【大人のやり直し英語学習】

【画像】英文法の勉強

学校で習う進行形の訳し方は「~している」となりますが、これには注意が必要です。「~している」は間違いではないのですが、例えば以下の例文の場合、

Sarah always wears red shirt.
サラはいつも赤いシャツを着ている。

現在形の文でも「~している」と訳します。進行形を理解するには、訳し方だけを覚えるのではなく、進行形の性質を知ることが大切です。

・行為が行われている最中・途中
・いつでもすぐに中止・中断できる

この性質がわかれば、以下のような進行形の文を読んだ時イメージしやすいです。

Ken is working at his room.
ケンは自分の部屋で仕事をしています。

I was watching TV when my friend visited me yesterday.
昨日友達が訪ねてきた時はテレビを見ていました。

進行形にできない文

Tom likes dogs.
トムは犬が好きです。

Joan has two sisters.
ジョアンは姉妹が2人います。

このような場合は進行形にできません。なぜならいつでも中止・中断できないからです。犬好きのトムが次の瞬間いきなり犬嫌いにはなりませんし、ジョアンはいつでも姉妹の縁を切ることはできません。

学校によってはいまだに「haveは進行形にできない動詞」と教える先生がいるようですが、正確には「中断できないから進行形にできない」が正しいです。なぜなら、

My boss is having lunch now.
わたしの上司は今昼食をとっています。

のように、haveでも進行形にできる場合もあるからです。

be動詞も進行形にできる

進行形の作り方は<be動詞+動詞ing>ですが、be動詞の文も進行形にすることができます。

1. You are selfish.
2. You are being selfish.

1の文はそのまま「あなたは自己中心的ですよ」という意味の現在形で、普段の性質を表しています。

2は進行形です。これは例えば、忙しくて心に余裕がなくなり、周りの人のことを考えられなくなっている人に対して、「自己中心的になっていますよ」と指摘する文です。

いつもの状態ではなく、普段とは違う一時的な状態の時に使います。



近い未来を進行形で表現できる

進行形は、確実にくる近い将来を表す時にも使うことができます。

He is leaving for London tonight.
彼は今夜、ロンドンへと出発する。

「今夜」はまだ来ていない未来ですが、その未来に向かってロンドンへと発つ状況が進行している、というイメージです。

また、クリスマスの定番ソング「サンタが町にやってくる」の原題は ”Santa Clause is coming to town.” です。よく見ると進行形です。サンタは町に向かっている最中で、近い将来に到着することを表現しています。

このように進行形は未来を表現することもあります。

タイトルとURLをコピーしました