【1分講座】「病気」を意味するsick, ill, disease: 違いと使い分け

【画像】sickilldisease2

気分が悪い、病気をあらわす単語はおもにsick, ill, diseaseの3つを学校で習いますが、授業ではそれぞれニュアンスの違いまではあまり触れません。ここでは、その違いと使い分けを深堀りしていきましょう。

まずはざっくり言いますと以下のとおりです。

sick: 体調不良(軽症)、気分が悪い
ill: 体調不良(重症)、メンタル系を含む病気
disease: 病気の名前、特定できる病気

■sick: 体調不良(軽症)、気分が悪い
重い病気というほどではないけど、気分が悪い、体調が良くないときは、

I’m sick / I feel sick.
気分が悪いです。

と表現します。また、体調ではなく感情的に不愉快な時もsickを使います。

I’m sick of it.
不愉快だ。

■ill: 体調不良(重症)、メンタル系を含む病気
治療が必要な病気や精神的な病の場合は、illを使います。

My uncle is ill in the hospital.
わたしの叔父は病気で入院しています。

■disease: 病気の名前、特定できる病気
Heart disease(心臓病)やAlzheimer disease(アルツハイマー病)など、特定の病気を表す時にはdiseaseを使います。病名を言わず、ただ「重い病気」を表現する時は以下のように言います。

I have a serious disease.
わたしは重い病気をもっています。

■アメリカ、イギリスによっても微妙に違う
アメリカでは主にsick、イギリスでは主にillが使われています。

多くの例文や実践で使われる言葉に多く触れていくと、違いの感覚が身についていきます。
皆さんの英語学習の一助になれば幸いです。

大人のやり直し英語
初心者へおすすめオンライン学習3選

月額4,000円台から始める英会話
オンライン英会話hanaso
オンライン英会話が初めての方におすすめ。お手頃な料金でマンツーマンでレッスンができる、初心者には嬉しいスクールです。教材は関正生先生による監修、また初心者慣れした講師が多いので安心して受講できます。

文法と英会話の両方を学べる
大人の英語塾ezo
日本人講師による英文法講義と、外国人講師による英会話レッスンの両方が学べる、大人のためのオンライン英語塾。インプットとアウトプットをバランス良く学習できます。

英検・TOEICに特化
KIRIHARA Online Academy
学校教科書や受験参考書の出版で知られている桐原書店と、 オンライン英会話「ワールドトーク」を運営する株式会社ライトアップが、 共同で開発したTOEIC・英検に特化したオンラインスクールです。2ヵ月という短期集中でTOEIC・英検のスコアアップ・合格を目指します。

タイトルとURLをコピーしました