【名言で英語学習】「この世界で最も理解に苦しむものは所得税である。」アルバート・アインシュタイン

※ この記事には広告・PRが含まれています

“The hardest thing in the world to understand is the income tax.”
Albert Einstein

この世界で最も理解に苦しむものは所得税である。
アルバート・アインシュタイン

【文法解説】

the hardest thing in the world: 世界でもっとも苦しい
to understand: 理解すること

(The ~est )の最上級と、(to + 動詞原型)のto不定詞のコンビネーションの主語です。おかげで主語が長くなってややこしく感じますが、ここがわかればシンプルな文です。

アルバート・アインシュタイン(1879 – 1955)
「相対性理論」で有名な、ドイツ生まれの物理学者。



社会人なら一度は思ったことはあるのではないでしょうか。自分が汗水流して稼いだお金に対してなぜに税金がかけられるのか、と。しかし年を重ねるにつれ、税金だから仕方がない、法律だから仕方がない、そういうものだから仕方がない、と納得する。そしていつしか何の疑問もなく払うようになる。

歴史に名を遺す天才アインシュタインも所得税に納得していないとは興味深いです。ジョーク半分の言葉かも知れませんが、ちょっと親近感がわきますね。

タイトルとURLをコピーしました