【名言で英語学習】「首から下が稼ぐのは1日数ドルだが、首から上はいくらでも稼げる。」トーマス・エジソン

【画像】ラボ

“From his neck down a man is worth a couple of dollars a day, from his neck up he is worth anything that his brain can produce.”
Thomas Edison

首から下が稼ぐのは1日数ドルだが、首から上はいくらでも稼げる。
トーマス・エジソン

【文法解説】

上記の日本語訳は、筆者が原文のメッセージを解釈して日本語に置き換えたものであり、文法に沿って訳したわけではありません。文章の文法構成を理解するために日本語訳してみると、

From his neck down a man is~: 首から下の人間は~である
worth a couple of dollars a day: 一日数ドルの価値

つまり、前半の文をそのまま直訳すると、

From his neck down a man is worth a couple of dollars a day.
首から下の男は一日数ドルの価値である。

となります。後半の文も同じ文の構成です。

From his neck up he is ~ : 首から上の人間は~である
worth anything that his brain can produce: 脳が生み出せる全ての価値

つなげて直訳すると、

From his neck up he is worth anything that his brain can produce.
首から上の人間は脳が生み出せる全ての価値がある。

となります。

トーマス・エジソン(1847 – 1931)
音楽プレーヤーの原点ともいえる蓄音機や、電気で長時間明かりを照らせる白熱電球を発明した、天才発明家。

発明家エジソンの言葉。当たり前ですが、単純な肉体労働で稼げる金額には限界があります。発明王のエジソンも少年時代は野菜を売ったり、列車内で新聞売りをしたりと、商売をしていました。そうして貯めたお金を、実験の費用に充てていたのです。

しかも、列車内では新聞を売っていただけではありませんでした。新聞を売った後は列車内の一室で実験、終点のデトロイト駅に着くと次の発車までデトロイト図書館で読書をしていました。エジソン少年は働きながらも、列車内で着実に発明王としてのキャリアを積み上げていったのです。

頭を使い、収益を上げるアイデアを考案し、それを実現できたなら、稼げる金額には上限がありません。そして実際、そうやって富を築いたエジソン本人の実体験から出た言葉です。

最小プランは週1回15分!
受講者に合わせたレッスン!

CMでもお馴染みのキャンブリー英会話。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど10,000人以上のネイティブ講師が登録しており、24時間いつでもどこでも受講可能です。また、事前予約でお気に入りの講師を選ぶことができます。PC、スマホ、タブレット全てのデバイスに対応、登録・ログインすると今すぐレッスンを受講できます。まずはお気軽に無料体験を受けてみましょう。

サブスクリプション購入ページにて以下のプロモコードを入力すると割引価格でご利用できます。
プロモコード:newstart10

さらに【英語で名言】をチェックする⇒【英語で名言】

タイトルとURLをコピーしました