【名言で英語学習】国が自分に何をしてくれるかを問うのではなく、自分が国のために何ができるかを問うてください。

【画像】ホワイトハウス

“Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country.”
John F. Kennedy

国が自分に何をしてくれるかを問うのではなく、自分が国のために何ができるかを問うてください。
ジョン・F・ケネディ

【文法解説】

askは( 尋ねる、質問する )という意味ですが、ここでは( 求める )という意味になります。

ask A for B: BのためにAを求める

この文章前半では、Aの部分がwhat your country can do ( 国ができること )、Bの部分があなたになるので、「国があなたのためにできること」という文脈になります。

文章後半では「国があなたのためにできること」を求めるのではなく、「あなたが国のためにできること」がなにかを自らに問いなさい( askしなさい )という意味になっています。

ジョン・F・ケネディ(1917 – 1963)
アメリカ合衆国第35代大統領、通称JFK。テキサス州ダラスでパレード中に暗殺され、その事件は映画にもなった。

教科書にも載っているほど有名なジョン・F・ケネディの言葉です。

ケネディがアメリカ第35代大統領に就任した1961年、アメリカは混迷期にありました。公民権運動やベトナム戦争、経済の停滞などのなか、アメリカ国民は新たな指導者を求めていました。この言葉は、そんなケネディによる大統領就任式のスピーチの一節です。

国民は政府に強いリーダーシップを求める一方、自分は何もしない傾向にあります。批判はしますがそこで終わり。税金を払っているのだから社会の運営は政府の仕事だろう、といえばそれまでですが、残念ながら文句を言うだけでは何も変わらないのが現実です。

今の日本社会も、様々な問題や制度疲労が浮き彫りになってきています。我々日本人も、権利を主張するだけではなく、社会の一員として何ができるか、何をすべきかを考える時期に来ているのかもしれません。

神アプリでTOEIC対策
スタディサプリENGLISH

↓↓無料体験はこちらから↓↓

さらに【英語で名言】をチェックする⇒【英語で名言】

タイトルとURLをコピーしました