【名言で英語学習】「愛されたいなら、愛し、愛される人になりなさい」ベンジャミン・フランクリン

【画像】ベンジャミン・フランクリン100ドル紙幣

“If you would be loved, love and be lovable.”
Benjamin Franklin

愛されたいなら、愛し、愛される人になりなさい。
ベンジャミン・フランクリン

【文法解説】

“be loved”< be動詞 + 過去分詞 >の形で受動態です。文章の後半は動詞の原型から文が始まる命令形。”love and be lovable.”で「愛し、愛される人になりなさい」となります。

ベンジャミン・フランクリン(1705 – 1790)
アメリカ合衆国建国の父の1人。政治家、物理学者でもあり、晩年には外交官としても活躍。

人は誰もが愛されたいと願います。しかし、愛される人というのは理由があるのです。愛される人や尊敬される人というものは、人に与える人であったり、何かを努力している人です。考えてみれば当たり前な話ですが、自分は何も与えないし自分磨きもしない。でも周りの人はありのままの自分を愛してほしい、などと言う人は誰からも愛されません。愛される人になるためには努力も必要です。

■ベンジャミン・フランクリンはどんな人?
アメリカ独立宣言の起草に携わり、「アメリカ建国の父」と呼ばれた政治家です。100ドル札には肖像画が印刷されており、今でもアメリカのシンボルのような存在です。

アメリカ建国との深い関わりから政治家としてのイメージが強いですが、じつは印刷業者、科学者、発明家、文筆家でもありました。20歳の時、アメリカ初のタブロイド紙を発行。また、雷が電気現象であることを発見し、避雷針を発明したのはベンジャミン・フランクリンです。その後、アメリカ独立宣言の起草委員となったのは70歳の時でした。

政治家として活躍したのは比較的後年になってからで、若かりし頃は科学者、文筆家として多方面で活躍していました。

子ども教育の七田式による、大人のための英語学習

子ども英語教育・右脳教育で知られている七田式による、大人のためのオンライン英語教材です。ネイティブが日常的に使うフレーズを聴き、つぶやくだけ。古典的な学習にも思えますが、やはり初級者・中級者には効果の高い学習法です。また、前回の内容を復習することで脳に定着するようプログラムが設計されており、暗記に自信がない人でも安心。さらに中学英語復習動画やシーン別フレーズ集、単語集など、フレーズ暗記だけで終わらないコンテンツです。20代~60代と幅広い年齢層に利用されています。

タイトルとURLをコピーしました