【1分講座】fishやsheepなどはなぜ単複同形?生物の群れは、単数か複数かなんて重要じゃないから

【画像】魚の群れfish

名詞の複数形には通常、語尾に-sがつきます。なかにはfoot → feet, person → peopleのように不規則に変化するものもありますが、おおむねapple→apples, car→cars-sで表現します。

しかし、なかには以下の単語のように単数も複数も変わらない(単複同形といいます)ものもあります。 これはなぜでしょうか?

sheep(羊)
deer(鹿)
fish(魚)
salmon(サーモン)
tuna (まぐろ)
trout (マス)

こうしてみると、群れをなす生き物ばかりです。狩猟時代の人類にとって、一匹二匹を狩ったところで、人間の集団の腹を満たすにはとても足りません。生きていくためには、まず群れを見つけることが重要です。狩猟対象の動物は、1匹か2匹かではなく群れをひとつのとして捉えるのです。単数も複数も同じ形なのはその名残りです。

【画像】鹿deer

■Japanese (日本人)やChinese (中国人)も単複同形
語尾が-eseJapaneseChineseも単複同形です。また、Spanish (スペイン人)も同様です。しかし、American (アメリカ人)の複数形はAmericansと-sがつきます。この違いは何か?これは特に理由や法則があるわけではないようです。言語ルールというよりも、単純に-sがつくと言いにくいから単複同形にしちゃおう、ただそれだけの理由なようです。

大人のやり直し英語
初心者へおすすめオンライン学習3選

文法と英会話の両方を学べる
大人の英語塾ezo(イーゾ)

日本人講師による英文法講義と、外国人講師による英会話レッスンの両方が学べる、大人のためのオンライン英語塾。インプットとアウトプットをバランス良く学習できます。

英検・TOEICに特化
【KIRIHARA Online Academy】

学校教科書や受験参考書の出版で知られている桐原書店と、 オンライン英会話「ワールドトーク」を運営する株式会社ライトアップが、 共同で開発したTOEIC・英検に特化したオンラインスクールです。2ヵ月という短期集中でTOEIC・英検のスコアアップ・合格を目指します。

月額4,000円台から始める英会話
オンライン英会話hanaso

オンライン英会話が初めての方におすすめ。お手頃な料金でマンツーマンでレッスンができる、初心者には嬉しいスクールです。教材は関正生先生による監修、また初心者慣れした講師が多いので安心して受講できます。

神アプリでTOEIC対策
スタディサプリENGLISH

↓↓無料体験はこちらから↓↓

タイトルとURLをコピーしました