【1分講座】「~のようだ」を意味するseem, look like, sound like, 違いと使い分け

【画像】学習

「~のようだ」を意味するlook,sound,seem。同じように聞こえますが、状況によって使い分けが必要です。


■look

もともと「見る」の意味があるように、「見た感じでは~のようだ」を表す時に使います。

Is this your computer? It looks expensive.
これあなたのパソコン?高そうですね。

見た目で高価そうだからlookです。


■sound

音を意味するように、「聞いたところ~のようだ」を表す時に使います。

A: We will play tennis this weekend. Do you want to join us?
B: It sounds good. Let me join you guys.
A: 来週、私たちテニスするんだけど。一緒にどう?
B: いいね。仲間に入れて。

耳に入ってきたお誘いの言葉に対してのsoundです。


■seem

総合的に判断して「~のようだ」を表す時に使います。

Our new teacher seems to be nice.
新しい先生、いい人そうだね。

見た目、周りの意見、雰囲気など様々な情報から判断してseemです。

■まとめ
同じ「~のようだ」でも、何をもって判断しているかで使う言葉が違います。それぞれのニュアンスの違いを理解したうえで、多くの文章に触れて使い分ける感覚を養いましょう。

大人のやり直し英語
初心者へおすすめオンライン学習3選

月額4,000円台から始める英会話
オンライン英会話hanaso
オンライン英会話が初めての方におすすめ。お手頃な料金でマンツーマンでレッスンができる、初心者には嬉しいスクールです。教材は関正生先生による監修、また初心者慣れした講師が多いので安心して受講できます。

文法と英会話の両方を学べる
大人の英語塾ezo
日本人講師による英文法講義と、外国人講師による英会話レッスンの両方が学べる、大人のためのオンライン英語塾。インプットとアウトプットをバランス良く学習できます。

英検・TOEICに特化
KIRIHARA Online Academy
学校教科書や受験参考書の出版で知られている桐原書店と、 オンライン英会話「ワールドトーク」を運営する株式会社ライトアップが、 共同で開発したTOEIC・英検に特化したオンラインスクールです。2ヵ月という短期集中でTOEIC・英検のスコアアップ・合格を目指します。

タイトルとURLをコピーしました