【1分講座】「~したものだ」の意味をもつwouldとused to の違いと使い分け

【画像】学習

過去を回想する表現のused to と would、どちらも(かつて~だった)という意味を表します。日本語にしてみると同じ意味に聞こえますが、使い方はそれぞれ異なります。


used to は現在との対比
「今はそうじゃないけど、昔はそうだった」ことを表現する時はused toを使います。

I used to go to the party every weekend.
昔は毎週末にパーティに行ったものだ(今はそうではない)。

She used to be a nice girl.
彼女は以前はいい子だった(今はそうではない)。


would は過去の習慣
「前はよく~したものだ」と、習慣的にやっていた行為を表現する時はwould を使います。used to と違い、現在とは対比していません。

I would play soccer in the park when I was a little.
私が小さかった頃、その公園でよくサッカーをしたものだ。
(今のことには触れていない)


used to は客観的、would は主観的
特徴としてused to は客観的、would は主観的に過去を表す使われ方をします。

■洋楽ファンは要チェック
Coldplayの大ヒット曲、”Viva La Vida”の歌詞をあらためて聴いてみてください。いきなり最初の2行でused toとwouldが出てきます。

大人のやり直し英語
初心者へおすすめオンライン学習3選

月額4,000円台から始める英会話
オンライン英会話hanaso
オンライン英会話が初めての方におすすめ。お手頃な料金でマンツーマンでレッスンができる、初心者には嬉しいスクールです。教材は関正生先生による監修、また初心者慣れした講師が多いので安心して受講できます。

文法と英会話の両方を学べる
大人の英語塾ezo
日本人講師による英文法講義と、外国人講師による英会話レッスンの両方が学べる、大人のためのオンライン英語塾。インプットとアウトプットをバランス良く学習できます。

英検・TOEICに特化
KIRIHARA Online Academy
学校教科書や受験参考書の出版で知られている桐原書店と、 オンライン英会話「ワールドトーク」を運営する株式会社ライトアップが、 共同で開発したTOEIC・英検に特化したオンラインスクールです。2ヵ月という短期集中でTOEIC・英検のスコアアップ・合格を目指します。

タイトルとURLをコピーしました