【1分講座】「~しなければならない」のhave toとmustの違いと使い分け

【画像】mustとhave to

「~しなければならない」といった、何かをする義務を表すときに使う言葉がmusthave toです。品詞としては動詞の前に配置される助動詞となります。まずはmustから見ていきましょう。


She must practice the piano for the concert.
彼女はコンサートのためにピアノを練習しなくてはならない。

I must finish this report by tomorrow.
私は明日までにこのレポートを仕上げなければならない。


では、mustの代わりにhave toを使ってみましょう。


She has to practice the piano for the concert.
彼女はコンサートのためにピアノを練習しなくてはならない。

I have to finish this report by tomorrow.
私は明日までにこのレポートを仕上げなければならない。


日本語の文章にしてみると、どちらも同じ「~しなければならない」となり、違いがよくわかりません。では、musthave toは何が違うのでしょう?


■mustとhave toの違い

助動詞であるmustは、主語が「そうしなければならない」と主観的に決めている事を表します。

一方、have toは「そうしなければならない状況にある」事を表しており、客観的に見ている場合に使います。過去形だとhad toとなります。


She had to practice the piano for the concert.
彼女はコンサートのためにピアノを練習しなくてはならなかった。


mustには過去形はありません。これは、mustが主観的な「強い圧力」だからです。


否定形の表現:must not とdon’t have to

You must not tell a lie.
ウソをついてはいけません。

mustnotが加わると「~してはならない」という禁止を表す表現になります。しかし、同じ否定の形でも、don’t have toは意味が異なります。


You don’t have to work today.
今日は働かなくてもよいですよ。


don’t have toは、「~しなくてもよい」という意味になります。

musthave toも日本語にすると「~しなければならない」と同じような意味ですが、notの否定形になるとニュアンスが全く異なるので注意が必要です。

大人のやり直し英語
初心者へおすすめオンライン学習3選

月額4,000円台から始める英会話
オンライン英会話hanaso
オンライン英会話が初めての方におすすめ。お手頃な料金でマンツーマンでレッスンができる、初心者には嬉しいスクールです。教材は関正生先生による監修、また初心者慣れした講師が多いので安心して受講できます。

文法と英会話の両方を学べる
大人の英語塾ezo
日本人講師による英文法講義と、外国人講師による英会話レッスンの両方が学べる、大人のためのオンライン英語塾。インプットとアウトプットをバランス良く学習できます。

英検・TOEICに特化
KIRIHARA Online Academy
学校教科書や受験参考書の出版で知られている桐原書店と、 オンライン英会話「ワールドトーク」を運営する株式会社ライトアップが、 共同で開発したTOEIC・英検に特化したオンラインスクールです。2ヵ月という短期集中でTOEIC・英検のスコアアップ・合格を目指します。

タイトルとURLをコピーしました