【1分講座】would likeはwantを丁寧にした表現?ニュアンスの違いと使い分け

【画像】wantとwould like

中学で習う言葉wantwould like。「~がほしい」という意味で習ったかと思います。意味としては同じですが、実際はどう使い分けるのでしょうか?イメージとしては

want: ストレートに欲求を表現
would like: 丁寧に相手にお願いする表現

の違いがあります。

■wantを使う表現
wantは欲求をそのままストレートに伝える表現です。

I want a new car.
新しい車がほしい。

I want to be a famous musician.
有名なミュージシャンになりたい。

■would like を使う表現
wantよりも控えめで丁寧な言い方です。

I would like to make a reservation.
予約を取りたいのですが。

would likeは、相手にお願いしたい時に使います。want toだと直球過ぎて強い言い方になってしまいます。カフェで店員がお客さんに尋ねる場合、

Would you like to have a cup of coffee?
コーヒーはいかがですか?

と尋ねます。この時、店員がwould like toではなくwant toを使うと、

Do you want to have a cup of coffee?
コーヒー欲しいですか?

ストレート過ぎて店員が使う言葉としてはふさわしくありません。

wantwould like、日本語にすると両方とも「~がほしい」という意味になります。しかしwantは直接的な感情表現なので、家族や友人など親しい間柄などでよく使われます。そこまで距離の近くない相手やビジネスの場では控えめなwould likeの控えめな表現が使われます。

大人のやり直し英語
初心者へおすすめオンライン学習3選

月額4,000円台から始める英会話
オンライン英会話hanaso
オンライン英会話が初めての方におすすめ。お手頃な料金でマンツーマンでレッスンができる、初心者には嬉しいスクールです。教材は関正生先生による監修、また初心者慣れした講師が多いので安心して受講できます。

文法と英会話の両方を学べる
大人の英語塾ezo
日本人講師による英文法講義と、外国人講師による英会話レッスンの両方が学べる、大人のためのオンライン英語塾。インプットとアウトプットをバランス良く学習できます。

英検・TOEICに特化
KIRIHARA Online Academy
学校教科書や受験参考書の出版で知られている桐原書店と、 オンライン英会話「ワールドトーク」を運営する株式会社ライトアップが、 共同で開発したTOEIC・英検に特化したオンラインスクールです。2ヵ月という短期集中でTOEIC・英検のスコアアップ・合格を目指します。

タイトルとURLをコピーしました