「さようなら」のあいさつ、Good byeの語源。もとはGoodは神(God)をあらわしていた?

【画像】goodbye

「さようなら」は英語で”Goodbye”。英語学習においても初期で習う、定番の別れのあいさつです。

これは16世紀ごろから使われるようになったのですが、もとは”God be with ye.” (神と共にあらんことを)という言葉が語源です。Yeyouの古語です。当時は、神(God)という言葉を直接発することが恐れ多いと感じる風潮でした。そのためgodgoodに変化、be with yebyeに略されて、今のgood byeになりました。

このgodgoodとなった流れから、good morninggood nightなどの他のあいさつにも派生していきました。

余談ですが、日本語の「さようなら」の語源は「左様ならば」です。「左様ならば(それでは)、これにて御免」のような言葉が「さようなら」に変化していきました。

子ども教育の七田式による、大人のための英語学習

子ども英語教育・右脳教育で知られている七田式による、大人のためのオンライン英語教材です。ネイティブが日常的に使うフレーズを聴き、つぶやくだけ。古典的な学習にも思えますが、やはり初級者・中級者には効果の高い学習法です。また、前回の内容を復習することで脳に定着するようプログラムが設計されており、暗記に自信がない人でも安心。さらに中学英語復習動画やシーン別フレーズ集、単語集など、フレーズ暗記だけで終わらないコンテンツです。20代~60代と幅広い年齢層に利用されています。

タイトルとURLをコピーしました