知ってるようで知らないクリスマスの由来。日本ではいつから祝うようになった?

12月下旬が近づくにつれ、街はクリスマスソングが流れ、ツリーなどの飾りつけで賑わってきます。そもそもクリスマスは欧米キリスト教圏の行事ですが、今では日本でも当たり前のように定着しています。

■クリスマスの起源

クリスマスは英語で”Christmas”と書きます。これはChristとmasの2つの言葉から来ています。Christはそのままキリスト、masは礼拝(mass)を意味しており、クリスマスはキリスト礼拝の日なのです。12月25日はキリストの誕生日と誤解される事が多いですが、キリスト生誕を祝う日であって、キリストが生まれた日ではありません。ちなみにキリストの誕生日はわかっていません。キリストが生きていた時代は、誕生日を記録したりしなかったそうです。

■日本のクリスマス

1552年、イエズス会の宣教師が現在の山口県で行ったミサが、日本で初のクリスマスだと考えられています。しかし、江戸幕府が1612年にキリスト教を禁止したため、日本のクリスマスは消えてしまいました。

その後、明治6年にキリスト教禁止令が解かれ、少しずつクリスマスにちなんだ話や歌などが広まっていきました。そして明治37年(1904年)、銀座の明治屋がクリスマスツリーを店頭に飾ったことが大きな話題となりました。その後、お菓子メーカーの不二家がクリスマスケーキを発売しました。そしてデパートやホテルでもクリスマス関連の販売やイベントが増え、クリスマスが日本に広まっていきました。

■欧米のクリスマス

キリスト教圏の欧米では、日本のクリスマスのように商業色は強くありません。みんな家で家族と過ごすため、ほとんどの店が閉まった街はとても静かです。家族やふだんめったに会わない親戚も家に集まり、ローストビーフや七面鳥などのご馳走で盛大にお祝いをします。そしてツリーの下にプレゼントを集め、皆で開けて楽しみます。日本のクリスマスの感覚だと、地味に感じるかもしれません。しかし外国の人にとっては、商業イベントのような日本のクリスマスが奇異に感じるようです。

日本ではクリスマスの本来の意味ほとんどなく、ただのお祭りイベントになっています。それが良いか悪いかはさておき、どんな宗教の文化も取り入れて独自にアレンジしてしまうのは、日本という国の面白いところです。

最小プランは週1回15分!
受講者に合わせたレッスン!


スマホ・PC・タブレットと全てのデバイスに対応。英語圏のネイティブ講師のレッスンを予約なしで24時間いつでも受講できます。日本語によるサポートもあり初心者でも安心。

大切なのは行動を起こすこと。まずは無料体験レッスンを受けてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました