子ども英語の先生は日本人とネイティブ、どっちが良い?それぞれのメリット、デメリット

子どものために英語教室を探す時、先生は日本人かネイティブ、どちらがよいか迷う親御さんは多いです。しかしこれは、どちらが良いと言い切ることはできません。

子どもによって日本人の先生の方がよい、ネイティブ外国人の先生の方がよい、というケースはあります。先生が外国人だと子どもが英語に積極的になるケースもありますし、逆に外国人の前だと萎縮するので日本人の先生が安心という子どももいます。そのあたりは性格的な相性の問題です。

英語を教わるのだからやはりネイティブの先生が一番、と考える親御さんは少なくありません。実際、自然な英語という点では当然ながらネイティブは強いです。しかし、たんにネイティブだから良い先生とは限りません。例えばネイティブであることにあぐらをかいて向上心のない先生だったりしたら、学習効果はあまり期待できません。我々日本語ネイティブが良い日本語教師とは限らないのと一緒です。むしろ日本マニアの外国人の方が日本人よりも日本語に精通していたりします。日本人の英語教師も同様で、英語をひとつの学問として勉強しているぶん、英語に関する知識は当然ながら深いです。また、ネイティブのなかでも、子ども好き、日本好きでさらに母国語の英語を深く勉強している先生なら最高です。

最終的に英語の先生として大切なのは、教えるプロとしての意識や向上心、人間性です。英語のスキルはもとより、子ども好きで、子どもの性格や特性をよく見てくれる先生であることが望ましいです。

親子で楽しむ!英語絵本で親子の時間


『コロちゃんはどこ?』『おやすみなさいおつきさま』 など、世界中の乳幼児に人気の絵本が英語音声付きで楽しめるプログラムです。
タイトルとURLをコピーしました