オーストラリアとオーストリア。国名が似ているのは、じつはただの偶然?

【画像】カンガルー

南半球に位置する島国、オーストラリア。母国語は英語。コアラやカンガルー、エアーズロックなど大自然のイメージが強い気がします。首都はキャンベラ。国家として独立したのは1901年、意外と最近です。

【画像】オーストリア

そしてよく似た名前のヨーロッパ大陸に位置する国、オーストリア。音楽文化が有名で母国語はドイツ語。大陸国という性質上、周辺国に占領・併合されたりなどの歴史を持ち、第2次大戦後の1955年に独立回復して現代に至ります。

オーストラリアオーストリア。名前が似ているため間違われることが多い2つの国ですが、歴史を辿ればどこかでつながっているのでしょうか?

結論からいえば、歴史的にも文化的にも全く関係ありません。驚いたことに、名前が似ているのはただの偶然です。

まずはオーストラリアから見ていきましょう。英語でAustraliaと書きます。語源はラテン語のaustralisとterraから来ています。australisは「南」、terraは「大陸」を意味します。つまり国名は「南の大陸」。インドより南にある大陸を、古代ローマ・ギリシャ人が名付けたと言われています。

次にオーストリア。オーストリアは英語でAustriaと書きます。語源はドイツ語のÖsterreichから来ています。Österは「東」、reichは「国」という意味で、ドイツから見て「東の国」ということです。

オーストラリアとオーストリア。つい間違えてしまうのは日本人に限りません。なんとCNNでさえ間違ってしまうようです。

よく間違われることを逆手に取り、”No Kangaroos in Austria”(オーストリアにはカンガルーはいません)と書かれたTシャツなど、よく間違えられることをネタにした土産品まであるので驚きです。

子ども教育の七田式による、大人のための英語学習

子ども英語教育・右脳教育で知られている七田式による、大人のためのオンライン英語教材です。ネイティブが日常的に使うフレーズを聴き、つぶやくだけ。古典的な学習にも思えますが、やはり初級者・中級者には効果の高い学習法です。また、前回の内容を復習することで脳に定着するようプログラムが設計されており、暗記に自信がない人でも安心。さらに中学英語復習動画やシーン別フレーズ集、単語集など、フレーズ暗記だけで終わらないコンテンツです。20代~60代と幅広い年齢層に利用されています。

タイトルとURLをコピーしました