イギリスはなぜ英語でU.Kという?England, Great Britainなどの呼び名の違いは何?

【画像】ストーンヘンジ

日本は英語でJapan。ではイギリスは?イギリスはthe U.K.です。これはthe United Kingdomの略で、正式名称はもっと長く、

The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)

となります。なぜこんな長い名称になるのでしょうか。

それは、我々がイギリスと呼ぶ国家は、4つの国から成り立つ連合王国だからです。その4つの国とは、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドを指します(厳密には北アイルランドは州であり国ではありません)。誤解されることもありますが、イギリス=イングランドではありません。イングランドはあくまでUKの一部です(下の地図参照)。

【画像】UK, ユナイテッドキングダム

グレートブリテンとは?

他にもイギリスを表す言葉として、グレートブリテン(Great Britain)があります。これも誤解されがちですが、the UKイコールGreat Britainではありません。グレートブリテンは、イギリス本土ともいえる、イングランド、ウェールズ、スコットランドが位置する最も大きな島を指します。日本でいえば本州のようなイメージです。つまり、グレートブリテンとは単に地理的な呼び名です。

【画像】グレートブリテン

.

the United KingdomGreat Britain。これを知っていると、イギリス関連の英文を読んだ時に理解度が大きく違ってきます。

最小プランは週1回15分!
受講者に合わせたレッスン!

CMでもお馴染みのキャンブリー英会話。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど10,000人以上のネイティブ講師が登録しており、24時間いつでもどこでも受講可能です。また、事前予約でお気に入りの講師を選ぶことができます。PC、スマホ、タブレット全てのデバイスに対応、登録・ログインすると今すぐレッスンを受講できます。まずはお気軽に無料体験を受けてみましょう。

サブスクリプション購入ページにて以下のプロモコードを入力すると割引価格でご利用できます。
プロモコード:newstart10

タイトルとURLをコピーしました