【1分講座】「起きる」を意味するget upとwake upの違い。使い分けは?

【画像】wakeupgetup

I got up at 5:00am today.

I woke up at 5:00am today.

「起きる」を意味するget upとwake up。中学の初期に習う表現で、上記の文章はどちらを使ってもOKです。2つの違いと使い分けを見ていきましょう。


get up: 起き上がる

getは「得る」という意味。upは「上、立った」という意味。つまり、「upした状態をgetする」がイメージです。

※get upしか使えないケース
ボクシングの試合でダウンした時。倒されたけど意識がある選手に対し、”Get up!”とは言いますが、”Wake up!”とは言いません。


wake up: 目を覚ます

wakeは「目を覚ます、気づかせる」という意味で、「wakeした状態までupする」というイメージです。

※wake upしか使えないケース
誰かを起こす時。”Please wake me up at six.”(6時に起こしてください)と言いますが、”get me up”とは言いません。また、モーニングコールはwake-up callと言います。

最小プランは週1回15分!
受講者に合わせたレッスン!


スマホ・PC・タブレットと全てのデバイスに対応。英語圏のネイティブ講師のレッスンを予約なしで24時間いつでも受講できます。日本語によるサポートもあり初心者でも安心。

大切なのは行動を起こすこと。まずは無料体験レッスンを受けてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました