【1分講座】home?house?同じ「家」でもどう違うの?違いと使い分けを理解しよう

【画像】家

「家」を英語で表す時、homehouseを使います。どちらも中学で習う基本単語ですが、同じ家でも、どう使い分けるのでしょうか?

homeは「人が住んでいる場所、安心して帰る場所」、精神的な「家」。 家の規模、他に住んでいる人数に関係なく、自分が帰る「家」だと認識していれば、homeになります。「ただいま」を表す英語、“I’m home.”が良い例です。まさに自分が帰るべき場所へ帰ってきた事を表しています。

houseは「建物そのもの」、物理的な「家」。 人が住んでいる住んでいないに関係なく、物理的な建物そのものを表す言葉で、不特定多数の「一軒家」を表す時にもhouseが使われます。

I bought a small house. It’s my home.
小さな家を買った。それが我が家だ。

この二つの違いを理解すれば、使い分ける感覚が身についていきます。

最小プランは週1回15分!
受講者に合わせたレッスン!


スマホ・PC・タブレットと全てのデバイスに対応。英語圏のネイティブ講師のレッスンを予約なしで24時間いつでも受講できます。日本語によるサポートもあり初心者でも安心。

大切なのは行動を起こすこと。まずは無料体験レッスンを受けてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました