【1分講座】「聞く」を意味するhearとlisten、同じ意味でも使い方がちょっと違う

※ この記事には広告・PRが含まれています

【画像】hearlisten

hearlisten、どちらも「聞く」を意味する動詞です。しかし、同じ「聞く」でも少しニュアンスが違います。



hearは「聞こえる」

hearは意識しなくても耳に入ってくるニュアンスです。

I hear sounds in that building.
あの建物から音が聞こえる。

I heard that John is coming back next week.
ジョンが来週帰ってくるって聞きました。


listenは「意志をもって聞く、聴く」

listenは意識してなにかに耳を傾ける行為です。音楽や誰かのスピーチなど、自分の意志で聞くものはlistenを使います。 また、listenを使う時は前置詞toを後ろにつけます。

I love listening to jazz music.
ジャズを聴くのが好きです。

Listen to my advice.
私のアドバイスを聞きなさい。

■違いと使い分け

聞こうとする意志があるなしに関わらず、耳に入って来るのはhear、意識的に聴こうとするならlisten、という使い分けになります。

タイトルとURLをコピーしました