【1分講座】beginとstartの違い⇒ほとんど無し;でもちょっとだけ要注意

【画像】スタート

startとbeginはどちらも「始める」を意味する単語です。「違いはなんだろう?」と疑問が生まれますが、結論からいいますと、ほとんど違いはありませんネイティブも厳密に使い分けている人はあまりいないようです。ざっくりまとめると、以下のとおりです。

・特に違いはない
・beginの方がややフォーマル
・でもstartでもOK
・パソコンの起動など、機械はstart


■どちらを使ってもOK

Let’s start.
Let’s begin.

さあ始めましょう。

He started playing the guitar.
He began playing the guitar.

彼はギターを弾き始めた。

上記のように、どちらを使っても問題ありません。あえて言うならば、beginの方がやや固い響きがあります。だからといってstartがカジュアルでビジネスやスピーチなどのフォーマルな時には使えない、というわけではありません。


■一方しか使えない例外

基本的には同じ使い方で問題ありませんが、一方しか使えない例外もあります。機械を起動させる時は、beginではなくstartを使います

I started my computer.

と言いますが、

I began my computer.

とは言いません。また、お店や商売を始める時もstartを使います。

My friend started new business.
わたしの友人は新しいビジネスを始めた。

このように例外もありますが、使い分けに注意しないと意味が通じなくなるほどの違いはありません。

■深く考えなくても問題ない

このように、同じ「始める」という意味なので、どちらを使っても意味が通じなくなるほどの問題はおきません。英語試験などでもstartとbeginの違いを問うような問題も見たことありません。上記のような例外が一部ある、くらいを知っておけば大丈夫です。

メンタリストDaiGoさんも受講!
AQUESオンライン英会話



超初心者~中級者(上級者は不向き)が対象。メンタリストDaiGoさんも実際に受講しているマンツーマンのオンライン英会話です。予習復習は一切不要。レッスン予約がない場合はメッセージや電話にて催促されるシステムで、強制的に学習が継続されます。飽きっぽい人にもおすすめな講座です。


タイトルとURLをコピーしました